ホットヨガ 毎日やりすぎは太る?2レッスン連続は良くない?

ホットヨガ 毎日通うと太る!?目的は痩せるためなのに大丈夫?

ホットヨガを初めると、汗をかいてリフレッシュしたり、瞑想で自分の心と向き合ったりと新鮮な出会いが沢山ありますよね。

という人もいるのでは?効果が出ないだけでなく、逆に太ってしまったかも?という人もいるかもしれません。せっかく痩せるために通い始めたのに太ってしまっては本末転倒。毎日ホットヨガに通っていると太るのか、詳しく紹介していきます。

今だけ無料体験実施中!

>>https://yoga-lava.com/<<

*よく読まれる記事*
»ホットヨガで痩せる?痩せない?6社を比較!

ホットヨガを毎日やりすぎで安心感!食事の量の変化

ホットヨガが楽しくて、毎日レッスンに通っている人って結構多いのではないでしょうか。ホットヨガスタジオは月謝制のところが多く、通い放題になるので、頑張ってしまう人もいるでしょう。でも、中々効果が出ない……という人は、ちょっと考えてみましょう。レッスンに通うことで安心してしまって、他の日常生活で崩れている部分はありませんか?

例えば「食事」です。ホットヨガは、レッスン2時間前から、レッスン後も2時間は食事を控えるように言われます。レッスン時間は1時間のスタジオが多いですから、合計で5時間、何も食べずにいることになります。水は飲めますが、エネルギーは生み出しません。お腹の空き具合が極端に高まってしまうのです。

加えて、ホットヨガ後は疲労感もあり、食欲も旺盛になります。その為、食事の量が増えてしまうということが考えられます。

レッスン後2~3時間以内に食べてしまう

基本的にホットヨガのレッスン後は2時間くらい何も食べないようにインストラクターからも口を酸っぱくして言われますよね。でも、どうしても我慢できずに食べてしまう人もいるでしょう。ホットヨガをすると、エネルギーの吸収力が高まります。どれくらいの時間高まるかというと、2時間~3時間ほどなんです。なので、レッスン後にすぐ食事を食べてしまうと、すぐ体に吸収されてしまうわけです。特に、糖質を含んだもの、ご飯やパン、パスタ、うどんなどを食べるのはご法度なんです。これ以外にも、フルーツジュース、野菜ジュースも一見ヘルシーに見えますが、フルーツは元々糖分が高いですし、野菜ジュースも甘味料が入っているものは逆効果になります。

体質改善前で辞めてしまう|毎日通っても継続できない

食事には気をつけて、毎日通っているのに効果が出ないという人もいるでしょう。そして、効果が出ないから辞めてしまおうと考えがちですが、ちょっと待ってください。ホットヨガに毎日通って効果が出ないのは、まだ効果が出るまで体が出来上がっていないからです。毎日頑張っても、今まで培ってきた自分の体質は、そう簡単には変わらないし、変えられません。最低でも、1~3ヶ月はかけないとホットヨガで効果を得るのは難しいんです。

今だけ無料体験実施中!

>>https://yoga-lava.com/<<

減量ダイエットで毎日通った結果のリバウンド

ダイエットする上で、減量系のダイエットとホットヨガを組み合わせてやる人が多いのですが、やり方を間違えると、逆効果になります。毎日ホットヨガで、強度の高いレッスンを受けて、食事は極力少量でカロリーを低くする生活を続けていると、体が慣れてダイエットの効果も得られます。そこで、「目標体重になったから、毎日のホットヨガを辞めて食事制限だけにする」とホットヨガを辞めてしまうと、リバウンドしてしまう可能性があります。元々、ダイエットするために、ホットヨガでオーバーワーク気味の運動量を消費していたのがなくなるので、食事制限だけにした途端、反動で太ってしまうんです。毎日通い詰めるだけでは、ダイエットの効果を持続させるのは難しいです。程よく、ホットヨガで運動量を増やして、食事に気を遣うなどして、無理しないことが大切です。

ホットヨガ 毎日はやりすぎ?週何回通えば効果ある?

通い放題だから、毎日でも通いたい。そういう人は多いと思います。けれど、毎日通うのはやりすぎなことも。でも、週何回ほど通うと効果があるのか謎ですよね。週にどれくらい通えばいいのか、インストラクターに聞いてみました。

慣れるまで週2~3回、慣れたら週3~4回がベスト!

ホットヨガを始めた当初というのは、体がホットな環境になれていないことや、レッスン後の好転反応で頭が痛くなったり、だるくなったりと続けて通うのが難しいこともあります。その為、慣れるまで週に2~3回くらいにとどめて置くのが良いです。

慣れるまで、同じレッスンに通うのもよいそうです。インストラクターさんにも顔を覚えてもらえるチャンスにもなります。そうして、慣れてきたら、週に3~4回と回数を増やして、受けるレッスン内容を変えていくのがよいとのこと。平日は仕事帰りに1回、土日で2回の週3回といった具合に、自分のペースを作っていくのがよいでしょう。

ホットヨガ 2日連続で通ったら効果は?

では、慣れてきて2日連続でレッスンを受けたら効果は倍になるのでしょうか。これは、「はい」とも「いいえ」とも言えます。

例えば、2日とも同じレッスン内容で中程度の強度(ハタヨガなど)を受けた場合、効果はあるでしょう。逆に、リラックス系や動きの少ない瞑想系のレッスンの場合、精神的な落ち着き効果は得られますが、体を鍛える効果はあまりありません。

おすすめなのは、強度の違うレッスンを1日ずつ受けると体の変化が分かります。1日目をアクティブ系にして、2日目はリラックス系にすると、ほどよく体がほぐれます。1日目をリラックス系にして体をメンテナンスして、2日目にアクティブ系にすると、いつもより体が動くといった感じですね。また、ホットヨガスタジオによっては1日に2レッスンまで受けられるところもあります。1日に2レッスン受けると体の違いにすぐ気づけますが、疲労度が増すので注意が必要です。

ホットヨガを毎日やりすぎるデメリットは?

毎日ホットヨガをする上で、デメリットも当然出てきます。一つは、洗濯物。毎日毎日ホットヨガに通っていると、ウェアの洗濯が面倒になってきます。それに、ウェアの痛み具合が早くなります。二つ目に、体の疲労が取れにくい、ということ。やりすぎは禁物です。毎日適度な運動を行うのは良いですが、ホットヨガは汗もかき、体力を消耗しやすいので、最初は程よい疲労感も、徐々に拭えない疲労感へと蓄積されていき、良くないです。

*よく読まれる記事*
»ホットヨガの5つのデメリットを徹底解剖!

デトックス効果が栄養を逃すデメリット

ホットヨガをすると大量に汗をかきます。体の中の老廃物を出してデトックス効果になりますとホットヨガスタジオでは言われるでしょう。けれど、汗をかく=老廃物だけが出ているわけではありません。体に必要なミネラル分も出て行ってしまっています。ミネラルが不足すると、肌荒れや、むくみ、髪の毛がぱさつくなどの弊害も出てきます。そのため、レッスン中は、水をしっかり飲むことが必要です。ミネラルが入った水を取るのが一番効果的でしょう。

脱水症状や熱中症を発症するデメリット

スタジオ内は、高温多湿です。水分をしっかり取らないと頭がぼーっとして脱水症状を起こしたり、熱中症になったりします。ホットヨガで1レッスン受ける際は、1リットルほどの水を飲むとよいとされています。中には、水を極端にとらないことで発汗作用が高まると思っている人がいるのですが、出た分は補わないと脱水になります。毎日通うとなれば、水分の摂取方法には十分気をつけた方が良いでしょう。

ホットヨガをそもそも毎日通わないほうがいい人の特徴

ホットヨガを毎日通わない方がいい人の特徴をいくつか挙げていきます。

  • ホットヨガをする体力がない人
  • ホットヨガ後に、ついつい食事量が多くなる人、間食をしてしまう人
  • 効果が出ていないことを気にしすぎてしまう人

エネルギーの消費が激しいホットヨガは、体力がない人は毎日通ってしまうと体を壊してしまうかもしれません。また、レッスン後に食事量が増えてしまう人も毎日通うのは要注意。

「今日は頑張ったから」

「他の人が食べているから大丈夫」

と自分を甘やかしてしまい、太ってしまうこともあります。最後の効果が出ていないことを気にしすぎてしまう人は、結果を焦りすぎて、極端な食事制限を始めると、自分のレベルに合わないハードなレッスンを受けて挫折する可能性もあります。

【効果】ホットヨガ 毎日通わなくても痩せる?大丈夫!?

ホットヨガで、痩せる効果を得たいのならば、毎日通わなくても大丈夫です。まずは、ホットヨガを続ける努力をするようにしてください。そして、毎回のレッスンで体の変化に気づけるようにしていってください。

ヨガというのは、自分の心と向き合う時間を主にしています。毎日通わずとも、週に2~3度でも、前回よりもポーズが綺麗に取れるようになった、今回はあまり前屈が出来ないなど、小さな変化を楽しむようにしましょう。

継続することで、痩せる効果も徐々に出てくるので大丈夫です。痩せる目標だけでなく、ヨガそのものも楽しめるようになると良いですね。

ホットヨガで痩せたいならライザップヨガ(リプティ)

ホットヨガは、美と健康、そしてダイエットを中心に浸透していっています。

特にダイエットに特化したホットヨガをしたい!

というならば、ライザップが提供しているホットヨガを利用するのがよいでしょう。「リプティ」と言うスタジオで、筋トレとホットヨガを融合したライザップヨガが行えます。痩せたい!という一心ならばリプティがおすすめです。

キャンペーンはこちら

※キャンペーンは予告なく終了する可能性があります。お早めにチェックしてみましょう。